トランプ大統領の指示で国務長官の訪朝延期

(NHK)トランプ大統領は24日、ポンペイオ国務長官に、来週予定されていた朝鮮民主主義人民共和国への訪問を取りやめるよう指示し、国務省の当局者はNHKの取材に対し、この訪問が延期されたことを明らかにしました。
トランプ大統領の指示で国務長官の訪朝延期 - ảnh 1 この前に行われたアメリカのポンペイオ国務長官と朝鮮民主主義人民共和国の指導者との会見    (写真:YONHAP/TTXVN)

アメリカのポンペイオ国務長官は23日、記者団に対し、「朝鮮民主主義人民共和国の脅威を外交で解決することはトランプ大統領の最優先事項の1つだ」と述べ来週、朝鮮民主主義人民共和国を訪問することを明らかにしました。

ところが、一夜明けた24日、トランプ大統領はツイッターに「朝鮮半島の非核化に十分な進展が見られないので、ポンペイオ長官に訪問を中止するよう、指示した」と投稿しました。

トランプ大統領はこれまでアメリカと朝鮮民主主義人民共和国の関係をめぐるみずからの成果を繰り返し強調してきましたが、今回は朝鮮民主主義人民共和国の非核化の進め方について不満を示しました。

さらに、「アメリカと厳しい貿易交渉を行っている中国は朝鮮民主主義人民共和国の非核化のための努力をしていない」としたうえで、「ポンペイオ長官は、近い将来、貿易をめぐる米中関係が落ち着いた段階で朝鮮民主主義人民共和国を訪問することになるだろう」と投稿しました。

これについて、国務省の当局者はNHKの取材に対し、トランプ大統領が安全保障を担当するメンバーと協議した結果、今回のポンペイオ長官と朝鮮民主主義人民共和国問題を担当するビーガン特別代表の訪朝は延期されたと明らかにしました。

国務長官が公表した外国訪問の日程について大統領が翌日に取りやめを指示し、それをみずからのツイッターで公表するという異例の対応で、朝鮮民主主義人民共和国をめぐるトランプ大統領の今後の出方が注目されています。

ご感想

他の情報