トランプ大統領「シリアから近く出ていく」

(NHK)アメリカのトランプ大統領は、過激派組織IS=イスラミックステートを掃討するためとしてアメリカ軍が駐留するシリアをめぐり、「われわれは近くシリアから出て行く」と発言し、今後、具体的にどのような対応をとるのか注目されます。
トランプ大統領「シリアから近く出ていく」 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

トランプ大統領は29日、中西部オハイオ州で支持者らを前に演説し、過激派組織ISを掃討するためとしてアメリカ軍が駐留するシリアをめぐり、「われわれはISをたたきのめしている。そして100%奪還するだろう」と述べました。

そのうえで、「われわれは近いうちにシリアから出て行く。ほかの人々に面倒を見させればいい」と述べ、シリアからの撤退を示唆しました。

アメリカ政府は、これまでISを掃討したあとの力の空白地帯で、イランなどが影響力を増すことを防ぐために、アメリカ軍の駐留を続ける方針を示してきましたが、仮に全面的に撤退すれば、シリア政策を大きく転換させることになります。

一方、国防総省のホワイト報道官は29日の記者会見で、シリアでの活動を続けるとの考えを改めて示しました。

トランプ大統領の詳しい真意は明らかになっていませんが、今回の発言は、トルコとの国境に近いシリア北部の一部の部隊だけを念頭においたものではないかという見方も出ていて、今後、トランプ大統領が具体的にどのような対応をとるのか注目されます。

ご感想

他の情報