トランプ大統領、中東出兵計画を否定

(VOVWORLD) -14日、アメリカのトランプ大統領は、「アメリカは当面、中東地域に大規模な兵力を配備する計画はない。このほど報道機関が報じた内容は『虚偽ニュース』である」と明らかにしましました。
トランプ大統領、中東出兵計画を否定 - ảnh 1          (写真:AFP)

米ニューヨーク・タイムズは13日、米高官の話を引用して、「パトリック・シャナハン国防長官代行は、ホワイトハウスにイランに対する軍事行動計画を提出した。この計画によると、イランがアメリカを攻撃する、または核兵器開発事業を加速すれば12万人規模の米軍を中東地域に派遣する」と報じました。

これについて、トランプ大統領は14日、報道機関に対して、「現在このような計画は立てていない。ニューヨーク・タイムズの報道は『虚偽ニュース』である」と示すと同時に、「米国はやむを得ずこういった計画を立てることを望まないが、もし関連計画が立てられたとすれば12万人以上の兵力を派遣するだろう」と強調しました。

ご感想

他の情報