トランプ大統領「会談行われるのなら6月12日」

(NHK)アメリカのトランプ大統領は、中止を発表した米朝首脳会談について、25日夜、ツイッターに「もし会談が行われるのであればシンガポールで6月12日になりそうだ」と書き込み、当初の予定どおり来月12日に行う可能性があるとの考えを示しました。

来月12日にシンガポールで予定されていた米朝首脳会談についてトランプ大統領が中止すると発表したのを受けて、朝鮮民主主義人民共和国のキム・ケグァン第1外務次官は25日、談話を発表し、米朝首脳会談の必要性を強調したうえで、首脳会談の実現に向けて再考するようトランプ政権に求めました。

こうした中、トランプ大統領は25日夜、ツイッターに「われわれは首脳会談を行うことについて朝鮮民主主義人民共和国側と非常に実りのある協議を行っている。もし会談が行われるのであればシンガポールで6月12日になりそうだ」と書き込み、当初の予定どおり来月12日に行う可能性があるとの考えを示しました。

そのうえで「もし必要であれば、延びることもある」として、延期や延長の可能性もあるとの認識を示しました。

これに先立ってホワイトハウスのサンダース報道官は記者団に対し、「仮に会談が行われるのが6月12日であっても7月12日であっても、われわれは準備できるだろう」と述べいつ会談が行われたとしても準備は整えられるとの認識を示していて、トランプ政権としては今後の朝鮮民主主義人民共和国の出方を見ながら対応を検討するものと見られます。

ご感想

他の情報