トランプ大統領「必要なら国境を永久に閉鎖」

【サンパウロ山本太一】米西部カリフォルニア州サンディエゴと国境を接するメキシコ北西部ティフアナで、アメリカを目指す移民集団「キャラバン」らによる25日のデモ行進に対し、米側は検問所を一時閉鎖して対応しました。
トランプ大統領「必要なら国境を永久に閉鎖」 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)

トランプ大統領は26日、「移民の多くは冷酷な犯罪者で、メキシコは国に帰らせるべきだ。アメリカには入らせない。必要なら国境を永久に閉鎖してもいい。議会よ、壁に予算を!」とツイートしました。

メキシコ側も対応に苦慮するようになっており、米CNNによりますと、メキシコ内務省はデモ参加者約500人を強制送還する方針を決定しました。また、挑発行為をしたなどとしてデモに参加した39人を拘束したと発表しました。

ロイター通信によりますと、一時閉鎖されたのは最も往来が激しいとされるサンイシドロ国境検問所で、工事や訓練以外で閉鎖されるのは異例です。デモ隊の一部は検問所に押しかけたり、国境フェンスを乗り越えようとしたりし、CBP=米税関・国境警備局は催涙ガスなどで応戦しました。CBPは「移民に物を投げ付けられ、係員が危険にさらされた」と理由を説明しています。

ご感想

他の情報