トランプ大統領「無謀な攻撃するな」 アサド政権側をけん制

(NHK)シリアのアサド政権が近く反政府勢力の最大の拠点に総攻撃を行うという見方が強まる中、アメリカのトランプ大統領はツイッターに「無謀な攻撃をするな」と書き込むとともに、アサド政権を支えるロシアとイランを強くけん制しました。
トランプ大統領「無謀な攻撃するな」 アサド政権側をけん制 - ảnh 1       (写真:EFE/ TTXVN)
内戦が続くシリアでは、アサド政権が反政府勢力の最大の拠点である北西部のイドリブ県で近く総攻撃を行うという見方が強まっていて、反政府勢力を支援するアメリカは「アサド政権とロシアが再び化学兵器を使用するおそれがある」と懸念を強めています。

トランプ大統領は3日、ツイッターに「アサド大統領はイドリブ県への無謀な攻撃をするな。大勢の人々が殺されることになる」と書き込みました。

さらに、アサド政権の後ろ盾であるロシアとイランについて「この悲劇に加担すれば、深刻な人道的過ちをおかすことになる」と投稿し、強くけん制しました。

シリアではことし4月、アメリカなど3つの国が、アサド政権が化学兵器を使ったと断定し、軍事攻撃に踏み切っています。

ホワイトハウスで安全保障政策を担当するボルトン大統領補佐官は先月22日、「もしアサド政権が化学兵器を使用すれば、われわれは強力に対処する」と述べ、再び科学兵器が使用されれば軍事攻撃の可能性も排除しない構えを見せています。
関連ユース

ご感想

他の情報