トランプ大統領 ツイッターで朝鮮に再び強く警告

朝鮮がグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射を検討していると発表する中、アメリカのトランプ大統領はツイッターに「軍事的な解決手段は整っている」と書き込み、挑発行為をやめるよう朝鮮に再び強く警告しました。
トランプ大統領 ツイッターで朝鮮に再び強く警告 - ảnh 1   トランプ米大統領=EPA

アメリカのトランプ大統領は11日、ツイッターに「北朝鮮が愚かな行為をすれば軍事的に解決する手段は、今、完全に整っている」と投稿し、軍事的な対抗措置も辞さない構えを示しました。

そのうえで、「キム・ジョンウン(金正恩)が異なる道を進むことを願う」と書き込み、グアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を今月中旬までに完成させると発表した朝鮮民主主義人民共和国に対して挑発行為をやめるよう再び強く警告しました。
さらにトランプ大統領は、アメリカ太平洋軍がツイッターに「グアムに配備されているアメリカ空軍の爆撃機は韓国に駐留するアメリカ軍を支援する用意ができている」と書き込んだ投稿を引用し、重ねて朝鮮をけん制しました。
トランプ大統領は今月8日に「北朝鮮がアメリカを脅すのであれば、炎と激しい怒りに直面する」と発言して以降、連日、朝鮮民主主義人民共和国に強く警告するメッセージを発しています。
ただ、アメリカ国内では野党・民主党を中心に「緊張を高めるだけで、誤ったメッセージを北朝鮮に送っている」などと批判の声も出ています。

ご感想

他の情報