トランプ政権 トルコの2閣僚に制裁 米人牧師の拘束めぐり

(NHK)アメリカのトランプ政権は、トルコがアメリカ人の牧師を不当に長期間拘束しているとして、トルコの法相ら閣僚2人に制裁を科すという異例の措置を発表し、両国の関係悪化は避けられない情勢です。
アメリカ人の牧師、アンドリュー・ブランソン氏は、トルコでおととし起きた軍のクーデター未遂事件に関わったとして、トルコ当局によって拘束・起訴されました。

アメリカ政府は、トルコ政府に対して拘束は不当だとして解放するよう求め、先月、ブランソン氏は拘置施設からトルコ国内の自宅に移されましたが、そこで軟禁状態に置かれています。

こうした状況を踏まえて、アメリカ財務省は1日、ブランソン氏の拘束などで主導的な役割を果たしたとして、トルコのギュル法相とソイル内相に対し、アメリカ国内にある資産の凍結などの制裁を科すと発表しました。

また国務省は、この問題をめぐってポンペイオ国務長官が近くトルコのチャウシュオール外相と会談すると明らかにし、改めてブランソン氏の解放を求めるものと見られます。

ただ、閣僚への制裁という措置は異例なだけに、両国の関係悪化は避けられない情勢です。アメリカにとって、問題が長引けば、シリアやイランへの対応といった中東の重要な外交課題で鍵を握るトルコから協力が得られなくおそれもあり、外相レベルの話し合いで事態を打開できるか注目されます。
関連ユース

ご感想

他の情報