トランプ氏、メキシコ国境に「武装兵士」派遣宣言

(VOVWORLD) -24日、ドナルド・トランプ大統領は、ツイッターへの投稿で、メキシコ兵が米兵に「銃を向ける」出来事が最近起きたとして、メキシコとの国境に「武装兵士」を派遣すると表明し、移民問題をめぐるメキシコ批判を強めました。

トランプ氏が言及したのは4月13日、メキシコ国境の監視任務にあたっていた米兵2人がメキシコ兵から尋問を受け、武器を向けられたとされる出来事とみられます。

メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール大統領は、同国政府がこの出来事を調査し、トランプ氏の投稿を考慮した上で「われわれの主権の枠組みの範囲内で、法律に沿った」措置を取ると表明しました。「われわれは挑発に乗じることはない」と語りました。

匿名を条件にAFPの取材に応じた米国防総省高官によりますと、国境に配備されている兵士2900人と州兵2000人の一部は、「部隊防護のみを目的として」既に常時武装しています。トランプ氏のツイッター投稿が、新たな兵力配備を示唆しているのか、国境に派遣された兵士の武装方法や行動規範の変更を示唆するものなのかは不明です。

ご感想

他の情報