トランプ氏、対中関税を予定通り引き上げへ 「全製品」対象も警告

【AFP】ドナルド・トランプ米大統領は26日、中国からの2000億ドル(約22兆7000億円)相当の輸入品に対する関税率について、予定通り来年1月に25%に引き上げるとの見通しを示しました。
トランプ氏、対中関税を予定通り引き上げへ 「全製品」対象も警告 - ảnh 1      (写真:Shutterstock)

今週予定される中国の習近平国家主席との首脳会談で合意できなければ、中国からの輸入品すべてに追加関税を課すとも警告しました。

米紙ウォールストリート・ジャーナルとのインタビューで語りました。

トランプ政権は9月、知的財産権の強制的な移転や政府による市場への大規模な介入といった中国の不公正な貿易慣行の是正を求めるための措置として、中国から輸入する2000億ドル相当の製品に10%の関税を発動。税率は来年1月に25%へ引き上げられる予定ですが、アメリカの企業や市場はその回避を望んでいます。

トランプ氏は今週末、アルゼンチンで開かれるG20=20か国・地域首脳会議に合わせ、習氏と会談する見通しです。トランプ政権はすでに、中国からの年間輸入額のほぼ半分に相当する約2500億ドル(約28兆4000億円)の製品に追加関税を課していますが、トランプ氏はWSJに「われわれが合意できなければ、さらに2670億ドル(約30兆3000億円)分の中国製品に追加関税を課すつもりだ」と語りました。

2670億ドル分は、中国からの輸入品のうちこれまで制裁関税の対象になっていなかった残りすべてに当たります。トランプ氏は「中国が米製品との競争に国を開かない限り、ディール(取引)は成立しない」ともくぎを刺しました。

トランプ氏の言葉通り中国からの全輸入品に追加関税が課されることになれば、米アップルが中国で生産する製品も対象になります。

ご感想

他の情報