トランプ氏「朝鮮の正恩氏と話したい」


トランプ氏「朝鮮の正恩氏と話したい」 - ảnh 1
トランプ氏=EPA/TTXVN


(毎日新聞)アメリカ大統領選で共和党の指名獲得が確実となった実業家のトランプ氏は17日、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談したいとの意向を示しました。ロイター通信のインタビューに対し、大統領に就任したら朝鮮民主主義人民共和国に核開発をやめるよう説得したいと語りました。

トランプ氏はインタビューで「(金正恩氏と)話がしてみたい。彼と話をすることは何の問題もない」と強調しました。「同時に中国に強く圧力をかける」とも語り、朝鮮民主主義人民共和国に直接働きかけるとともに、外交・経済関係が強い中国に行動を促していく考えを示しました。

またトランプ氏はウクライナに軍事介入したロシアのプーチン大統領の対応を支持しないとも強調しました。新たな地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」について、アメリカにとって不平等な内容だとして関係国と再交渉する方針を示しました。

ご感想

他の情報