トランプ氏、NATO加盟国に国防費倍増を促す 首脳会議

ブリュッセル(CNN) トランプ大統領は11日、NATO=北大西洋条約機構首脳会議で、各国首脳に対し国防費をGDP=国内総生産比4%に引き上げるよう促しました。

NATO加盟国の多くは現状の2%の目標もまだ達成していませんが、これを倍増する形となります。

ホワイトハウスのサンダース報道官は声明で、トランプ氏がGDP比2%の目標を達成していない加盟国の現状を指摘するとともに、4%への増額も提言したことを確認しました。

そのうえで、昨年のNATO首脳会談でもトランプ氏は「同じ問題を取り上げた」と指摘しました。「トランプ大統領は同盟国に負担をもっと分担し、最低でも既に宣言している義務を果たしてほしいと考えている」と述べました。

ただ、NATOによる最新のまとめによりますと、アメリカはトランプ氏が他国に求めるほどの額を払っていません。

トランプ氏はこの日、NATOのストルテンベルグ事務総長との朝食の席で、「実際の数値では」アメリカはGDP比4.2%を国防に費やしていると主張しました。一方でドイツは1%をわずかに上回る程度しか払っていないと述べました。

しかしNATOによれば、今年のアメリカの国防費はGDP比で推定3.5%になる見通しです。これは昨年の3.57%を下回る数値となります。一方ドイツは今年の推定値は1.21%で、昨年を若干上回る見込みです。

欧州の外交官の1人はトランプ氏の提言について、「良くない」と評価しました。「首脳会談ではロシアのプーチン大統領に対して強いメッセージを送るべきなのだが、今は同盟国間の大きな相違があらわになっている」と述べました。

ご感想

他の情報