トランプ米大統領、FRBに大幅利下げ要求=「中国は問題でない」

(VOVWORLD) -アメリカのトランプ大統領は7日、中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は「大幅で速やかな利下げを行うべきだ」とツイッターに投稿し、改めて金融緩和を迫りました。「われわれの問題は中国ではない」とも主張し、FRBへの不満をぶちまけました。
トランプ氏は、中国との貿易戦争で同国から企業が撤退し、人民元が「包囲されている」とアメリカの優位性を強調しました。一方、利下げする国が相次ぐ中で「FRBが問題だ」と決め付け、「FRBは尊大すぎて金融引き締めを急激かつ大幅に進めすぎた過ちを認めない」と批判を展開したということです。(時事)

ご感想

他の情報