トランプ米大統領 11月のAPECなど欠席へ

(NHK)アメリカのホワイトハウスは、トランプ大統領がことし11月に開かれるAPEC=アジア太平洋経済協力会議やASEAN=東南アジア諸国連合との首脳会議などへの出席を見送り、代わりにペンス副大統領を派遣すると発表しました。
ホワイトハウスのサンダース報道官は31日、トランプ大統領のこの秋の外遊の予定について声明を発表しました。

この中で、ことし11月シンガポールで開かれるASEAN=東南アジア諸国連合との首脳会議や東アジアサミット、それに南太平洋のパプアニューギニアで開かれるAPEC=アジア太平洋経済協力会議についてトランプ大統領は出席を見送り、代わりにペンス副大統領に出席するよう指示したとしています。

トランプ大統領は去年11月、就任以来初めて日本などアジアを歴訪し、ASEANとの首脳会議にも出席しましたが、東アジアサミットは急きょ欠席しました。

一方でトランプ大統領はことし11月、フランスのパリで開かれる第1次世界大戦の終結から100年を記念する行事に出席するほか、アイルランドも訪問するということです。

また11月下旬には南米アルゼンチンのブエノスアイレスで予定されているG20=主要20か国の首脳会議に出席するほか、コロンビアを訪問するとしています。

ご感想

他の情報