トランプ陣営の「共謀」は調査継続 上院委員長

(産経)ロシアの米大統領選干渉疑惑を調査している上院情報特別委員会のバー委員長(共和)は4日の記者会見で、干渉をめぐるロシアとトランプ陣営の「共謀」について調査を続けると明らかにしました。現時点では共謀を裏付ける証拠は出てきていないということです。
トランプ陣営の「共謀」は調査継続 上院委員長 - ảnh 1        (写真:TTXVN)

同委員会は情報機関やトランプ陣営関係者などから100回以上の聴取を行い、10万ページ以上の文書を調査しました。選対本部長だったポール・マナフォート氏やトランプ大統領の娘婿クシュナー大統領上級顧問からも非公開で事情を聴きました。

バー氏はロシアの情報機関などが米国の選挙を混乱させるため干渉したとの見方を示しつつも「いかなる共謀やロシアの(候補の)選好についても結論に至っていない」と指摘しました。ロシアが民主党のクリントン元国務長官に不利な情報を流してトランプ氏を後押しした疑いも含め、引き続き関係者の証言や文書から手がかりを探ると強調しました。

トランプ氏は共謀を否定しています。


ご感想

他の情報