トルコ大統領選 投票始まる 現職の再選なるか焦点

(NHK) 中東の地域大国トルコで大統領選挙の投票が始まりました。15年にわたって政権を率いるエルドアン大統領が優勢ですが、強権的だという批判も多く、今回の投票で過半数の票を獲得して再選を決められるかどうかが焦点です。
トルコ大統領選 投票始まる 現職の再選なるか焦点 - ảnh 1       (写真:THX/TTXVN)

トルコの大統領選挙の投票は24日午前8時(日本時間午後2時)から始まりました。現職のエルドアン大統領に、最大野党のインジェ氏や元内相のアクシェネル氏など5人が挑む構図です。

トルコでは去年4月、憲法が改正され、首相職を廃止して大統領に権限を集中させることになりました。

選挙戦で、エルドアン大統領は15年にわたる政権運営の実績をアピールして優位を保ち、名実ともに強大な権力を手にすることを狙っています。

これに対し、野党側はエルドアン大統領がおととしのクーデター未遂のあと、テロ対策を口実にメディアや批判勢力への締めつけを強化していると非難しています。

また、インフレなど経済の悪化に国民の不満も高まっていて、エルドアン大統領が今回の投票で過半数の票を獲得して再選を決められるかどうかが焦点です。

過半数の票を獲得する候補者がいなければ、上位2人の間で2週間後に決選投票が行われます。

投票は日本時間の24日午後11時で締め切られて即日開票され、25日朝には大勢が判明する見通しです。また議会選挙も同時に行われ、エルドアン大統領が率いる与党の公正発展党が過半数の議席を獲得できるかが注目されます。

ご感想

他の情報