トルコ大統領 新たな軍事作戦の展開を宣言

(NHK)トルコのエルドアン大統領は、内戦が続く隣国シリアの、国際テロ組織アルカイダ系のグループが勢力を増す地域で、新たな軍事作戦を展開すると宣言し、アサド政権の存続が現実的となりつつある中、一定の影響力を残そうとする動きを強めるものと見られます。
トルコ大統領 新たな軍事作戦の展開を宣言 - ảnh 1        (写真:TTXVN)

シリアでは、アサド政権を支援するロシアとイラン、反政府勢力を支援するトルコの3か国が、先月、非戦闘地域として北部のイドリブ県などにそれぞれ部隊を派遣することで合意していますが、合意の対象となっていない、国際テロ組織アルカイダ系のグループが勢力を増しています。

トルコのエルドアン大統領は、7日、「シリアとの国境地帯にテロの回廊ができることは許さない」と述べ、イドリブ県でアルカイダ系のグループを対象にした新たな軍事作戦を展開すると宣言しました。

地元メディアは、これまでにトルコ軍がシリア国境沿いに戦車など軍事車両1000台以上を配備したと伝えています。

エルドアン大統領は、軍事作戦の主体は、シリアの反政府勢力だとしていますが、3か国での合意をもとに、シリア国内で作戦を展開することを示唆しています。

トルコはこのところロシア、イランと政権や軍のトップどうしで相次いで会談を行っており、シリア内戦でアサド政権の存続が現実的となりつつある中、一定の影響力を残そうとする動きを強めるものと見られます。

ご感想

他の情報