トルコ、米大使館幹部を呼び出し 相互のビザ発給停止巡り

(CNN) アメリカとトルコが互いにビザ発給業務を停止したことを受けて外交的な対立が高まるなか、トルコ外務省が、在アンカラ米大使館のコスネット首席公使を呼び出したことが10日までに分かりました。
トルコ、米大使館幹部を呼び出し 相互のビザ発給停止巡り - ảnh 1      トルコ大統領(写真:TTXVN)

半国営アナトリア通信が伝えました。

アナトリア通信によりますと、外務省はコスネット氏に対し、ビザ発給停止措置を撤回するようアメリカに期待していると伝える計画だったといいます。この措置は移民関連を除くすべてのビザ発給業務が対象となっています。

トルコ政府とアメリカ政府の今回の対立が始まったのは先週です。在イスタンブール米総領事館の職員が逮捕されたことがきっかけでした。

これに対しアメリカ政府はビザ発給を停止し、トルコ政府も同様の対応を取りました。今回の動きを受け、トルコ・アメリカ間の渡航は一部の例外を除き無期限で実質停止されます。

在アンカラアメリカ大使館は8日、声明で「アメリカ政府は最近の一連の出来事を受け、アメリカ在外公館と職員の安全に対するトルコ政府の姿勢を再評価せざるを得なくなった」と言及しました。この数時間後、トルコ側もほぼ同様の声明を出しました。

アメリカのバス駐トルコ大使は9日、今回の決定について「軽い決断ではなかった。大きな悲しみとともに下した決定だ」と説明しました。そのうえで、逮捕された現地職員の扱いをめぐり懸念を表明しました。

この職員は、アメリカペンシルベニア州で亡命生活を送るトルコ人のイスラム指導者フェトフッラー・ギュレン師とつながりがあったとして訴追されました。

トルコのエルドアン大統領は、昨年起きた軍事クーデター未遂を主導したとしてギュレン師を非難しました。一方、ギュレン師側はクーデターへの関与を否定しています。

ご感想

他の情報