ニャン議長、ソンドン伝統的工芸村を視察

ニャン議長、ソンドン伝統的工芸村を視察 - ảnh 1
(写真:Nguyen Dan / TTXVN)

18日午後、祖国戦線中央委員会幹部会のグェン・ティン・ニャン議長はハノイ郊外のホアイドゥク県ソンドン伝統的工芸村を訪れ、美術手工芸品を生産する施設を視察しました。

この席で、ニャン議長は「ソンドン村の美術手工芸品が伝統的価値を発揮しながらも、近代社会に愛用されるように製品の研究を行う必要がある」と述べると共に、「製品の消費に便宜を図るため、ソンドン村は会社、または、生産協同組合を設立しなければならない」と明らかにしました。

また、ニャン議長は美術手工芸品生産者が連携することは低金利融資の受け取り、製品の多様化、職業訓練、商標作り、環境汚染問題の解決に有利な条件を作り出す」と強調しました。

その他、ニャン議長は「今後、ハノイ市は一定の時点で伝統的職業村に関する定期見本市を開催する必要がある。この見本市は伝統的工芸品を紹介するだけでなく、生産業者が互いに交流しあうチャンスとなる」と述べました。

ご感想

他の情報