ノーベル医学生理学賞に本庶さん

(NHK) -ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に、免疫の働きを抑えるブレーキ役となる物質を発見し、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬の開発などに貢献した京都大学特別教授の本庶佑さんが選ばれました。
日本人がノーベル賞を受賞するのはアメリカ国籍を取得した人を含めて26人目で、医学・生理学賞では、おととしの大隅良典さんに続いて5人目となります。
本庶さんは、京都市生まれの76歳。
京都大学医学部を卒業後、昭和46年にアメリカに渡り、カーネギー研究所や国立衛生研究所で免疫学の研究にあたりました。
そして、大阪大学医学部の教授を経て、昭和57年からは京都大学の教授となり医学部長などを務めたほか、現在は京都大学高等研究院の特別教授として副院長を務めています。
本庶さんは、免疫を司る細胞にある「PD−1」という新たな物質を発見し、その後、体の中で免疫が働くのを抑えるブレーキの役割を果たしていることを突き止めました。
この発見によって再び免疫が働くようにして、人の体が本来持っている免疫でがん細胞を攻撃させる新しいタイプの治療薬「オプジーボ」という薬の開発につながりました。
この薬は、がんの免疫療法を医療として確立し、本庶さんは同じくがんの免疫療法で貢献したアメリカのジェームズ・アリソン博士とともに共同で受賞しました。
本庶さんは平成24年にドイツの権威ある賞「コッホ賞」を受賞したほか、翌年には文化勲章を受章しています。
日本人がノーベル賞を受賞するのは、アメリカ国籍を取得した人を含めて26人目で、医学・生理学賞では3年前の大村智さん、おととしの大隅良典さんに続き5人目となります。
本庶佑京都大学特別教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことについて、京都府の西脇知事は、「京都府民を代表して心からお祝い申し上げます。『大学のまち京都』の素晴らしさを改めて世界に示すことができたと感じており、京都府の誇りとして感謝したいと思います」というコメントを発表しました。

ご感想

他の情報