ハイ副首相、農産物経営方式刷新を指示

3日、政府本部で、ホアン・チュン・ハイ副首相は商工省の指導部と会合し、「農産物経営方式刷新案」を討議しました。

ハイ副首相、農産物経営方式刷新を指示 - ảnh 1

商工省の説明に耳を傾けた後、ハイ副首相は、「これは難しいが、価値があるものだ」と評価した上で、関連各省庁に対し、この案の完備に力を入れていくよう要請しました。

ハイ副首相は、「当面、従来の主力品目でありながらリスクが高い農産物でもあるコメや、果物・野菜の栽培、畜産、水産物の生産発展を、農業再構築事業の柱として進めていく必要がある」との見解を示しました。

なお、商工省が作成中の「農産物経営方式刷新案」は農産物生産経営を奨励する複数の政策や、プログラムから構成され、農産物の消費市場拡大や、管理機関・地方行政・科学研究機関・企業・農民間の連携の緊密化、農民向けの支援の促進などを目指すものです。

 

ご感想

他の情報