パキスタン:元首相暗殺関与で前大統領の初公判

パキスタンのブット元首相暗殺に関与したとして、殺人罪などに問われた前大統領のムシャラフ被告の初公判が27日、反テロ法廷で開かれました。地元メディアによりますと、この日はムシャラフ前大統領は出廷せず、現場に居合わせた警察官の証人尋問だけが行われました。安全上の理由とみられます。

ムシャラフ氏の代理人は「罪状は捏造されている」と述べ、無罪を主張しています。次回公判は9月上旬の予定ですが、ムシャラフ氏が出廷するかどうかは不透明です。

ブット元首相は2007年12月27日、首都イスラマバード近郊で総選挙に向けた集会に出席後、暗殺されました。

ご感想

他の情報