パキスタン北西部の軍キャンプで、自爆テロ

(VOVWORLD) -パキスタンの軍統合情報局は「3日、パキスタン北西部スワート地区の軍キャンプで起きた自爆攻撃とみられる爆発により、少なくとも11人の兵士が死亡、13人が負傷した」と発表しました。


 パキスタン軍によりますと、攻撃の際、この軍キャンプではバレーボールの試合が行われていたということです。

また、現地のメディアによりますと、一部の負傷者は重体で、死亡者はさらに増える可能性があります。


ご感想

他の情報