パキスタン支援330億円打ち切り=テロ対策「不十分」と判断-米

(ワシントン時事) 打ち切られるのは、各国のテロ対策を支援する「連合支援資金」からの拠出分です。

 ロイター通信などが1日報じたところによりますと、米国防総省は、パキスタンのテロ対策が不十分だとして、同国に対する安全保障関連の支援3億ドル(約330億円)の打ち切りを決めました。

トランプ政権発足後、ぎくしゃくしている両国関係が、さらに悪化するのは避けられないとみられます。

打ち切られるのは、各国のテロ対策を支援する「連合支援資金」からの拠出分です。

米政府は1月、隣国アフガニスタンの武装勢力が「パキスタン国内に拠点を置き続け、越境テロを計画するなど地域不安定化の要因となっている」と批判し、安保関連の資金支援や武器提供を停止すると発表しました。

ただ、その時点ではパキスタンの対応次第で支援を再開する意向も示していました。

ご感想

他の情報