ハノイで「国際フランコフォニーの日」を記念

ハノイで「国際フランコフォニーの日」を記念 - ảnh 1
ゴック次官 (写真提供:Pham Kien)


 

18日夜、ハノイのオペラハウスでベトナム外務省はフランコフォニー国際機関、及びフランス語圏諸国の大使グループと協力し、「国際フランコフォニーの日」を記念する式典を行ないました。

席上、ハ・キム・ゴック外務次官はフランス語圏が平和と発展に向けての協力、団結の促進に取り組んでいることを高く評価するとともに、これまで、経済,文化、社会分野で収めてきたベトナムの成果はベトナムとフランス語圏との関係の発展を示すと強調しました。ゴック次官は次のように語りました。

(テープ) 

「ベトナムは常にフランス語圏諸国との協力を促進し、平和、発展に向けてのフランス語圏の取り組みに積極的に貢献していることは独立、自主、国際関係の多様化、全方位の外交路線の一環となっています。私たちはあらゆる困難を乗り越えて、ベトナムでのフランコフォニー運動を促進し、ベトナムとフランス語圏との関係を新たな発展段階に押し上げましょう。」

一方、フランコフォニー国際機関アジア太平洋事務所のエリック・ノルマンド・ティボルト所長はフランス語圏に対するベトナムの公約を高く評価するとともに、アジア太平洋事務所はベトナムとの協力を強化していきたいと強調しました。

ご感想

他の情報