ハノイ宣言、IPU活動の重要な転換点

ハノイ宣言、IPU活動の重要な転換点 - ảnh 1
 
1日午後、ハノイで、第132回IPU総会の重要な議事を紹介する国際記者会見が開かれました。

記者会見で、ベトナムのグェン・シン・フン国会議長は「第132回IPU総会は議事日程を終了した。今回のIPU総会は持続的な開発に向けて、IPUのビジョンや公約を示すハノイ宣言を採択した。第132回IPU総会の成功は世界の政治活動におけるIPUの積極的な参加と発言の力を裏付ける」と明らかにしました。

記者会見を共同で主催したIPUのセイバー・ホサイン・チョードリー議長は今回のIPU総会の準備作業と適切な貢献を高く評価し、次のように語りました。

(テープ)

「ハノイ宣言は我々の認識が日増しに高まっていることの表れです。今回の総会のテーマを「持続的な開発目標・言葉から行動へ」としましたが、ハノイ宣言はそのテーマを示しています。また、この宣言はハノイで採択され、世界に対するベトナムの貢献を裏付けています。私たちはこの宣言をニューヨークで開かれる世界指導者会合に提出します」

ベトナム国会に対するハノイ宣言の影響に関して、グェン・シン・フン国会議長は次のように語りました。

(テープ)

「今後、ベトナム国会はミレニアム目標、国連の行動計画を基礎に、法律作成を行い、その中では、国民が中心となります。国会はベトナム国民一人ひとりがミレニアム目標の実現のため、適切な行動を行います」

1日夜、ハノイで第132回IPU総会の成功を祝う集会も開催されました。

ご感想

他の情報