パリのエッフェル塔がストで閉鎖 観光客は困惑

(NHK) フランス・パリの観光名所エッフェル塔が、夏休みの観光シーズンのさなかに従業員のストライキで閉鎖され、観光客の間に困惑が広がりました。
パリのエッフェル塔がストで閉鎖 観光客は困惑 - ảnh 1      (写真:AFP/TTXVN)

エッフェル塔は年間およそ700万人が訪れるパリを代表する観光名所ですが、およそ300人の従業員が今月1日の午後からストライキに入って閉鎖されました。

従業員は、チケットを事前の予約で買った人と、当日現地で買った人を別々のエレベーターに振り分ける仕組みを導入した結果、長蛇の列ができるようになったことに不満をもってストライキに突入したということです。

現地のチケット売り場はシャッターが下ろされて、電光掲示板に「閉鎖中」と表示していました。ただ詳しい説明はなく、知らずに訪れた観光客が困惑の表情を浮かべていました。

ドイツから訪れた男性は「初めてのパリ旅行で、エッフェル塔の上から街を眺めるのを楽しみにしていたのでがっかりです」と話していました。

ただエッフェル塔の公式ホームページによりますと、ストライキは2日で終了し、現地時間の3日の午前9時から営業を再開するということです。

エッフェル塔は、これまでもテロなどの安全上の懸念を理由に閉鎖されていますが、今回は夏休みの観光シーズンさなかとあって、観光客の間に困惑が広がりました。

ご感想

他の情報