パレスチナ、国連機関・条約への加盟を批准

PLOパレスチナ解放機構の中央評議会は27日、60の国連機関・国際条約への加盟を推進する計画を承認しました。

パレスチナ、国連機関・条約への加盟を批准 - ảnh 1

PLO内の主流派組織「パレスチナ人民党(PPP)」のバッサム・サルヒ代表は声明で、同評議会がマフムード・アッバス議長の援助の下、「採択されたパレスチナの計画に基づく国連機関や国際条約への加盟(手続き)を、パレスチナ主導で継続する必要性があることを確認した」と説明しました。

加えて中央評議会は、国際社会やアメリカの仲介で進められてきた和平交渉の頓挫の責任はイスラエル側にあるとしました。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は先週、これまで政治的に対立してきたPLOとイスラム組織ハマスが暫定統一政府の樹立で合意したことを受け、パレスチナとの和平交渉を中断しています。和平交渉は3月末、イスラエルが約束していたパレスチナ人受刑者2人の釈放を撤回、パレスチナ側も15の国際条約への加盟申請で対抗し、暗礁に乗り上げていました。

ご感想

他の情報