ハロン市で「ハロンカーニバル2012」とハロン湾が世界新7不思議の1つに選ばれたことを祝う式典

ハロン市で「ハロンカーニバル2012」とハロン湾が世界新7不思議の1つに選ばれたことを祝う式典 - ảnh 1

5月1日夜、ベトナム東北部のクアンニン省ハロン市で、「ハロンカーニバル2012」とハロン湾が世界新7不思議の1つに選ばれたことを祝う式典が行われました。今年のカーニバルには国内外のアーチスおよそ4千人が参加し、路上、舞台、および、水面芸術公演が披露されました。このカーニバルの総監督を務めている人民芸術家称号が持つティン・トゥ氏は次のように語りました。

(テープ)

「今回のカーニバルはクアンニン省をはじめ、ベトナム文化の特徴を集中的に表しています。これらは海洋文化、石炭の文化、各少数民族の伝統的文化などです。文化は精神的な礎であり、発展の目標と原動力であるからです」

トゥ氏はこのように語りました。

ハロン市で「ハロンカーニバル2012」とハロン湾が世界新7不思議の1つに選ばれたことを祝う式典 - ảnh 2

 一方、クアンニン省共産党委員会のファムミンチン委員長は今回のカーニバルは観客に深い印象を与えていると述べ、次のように語りました。

(テープ)

「今後、クアンニン省を訪れる観光客が急増することが予測されています。そのため、クアンニン省は観光インフラと観光サービスの整備にさらに取り組む必要があります。これは私たちの最も大きな関心事です。」

 チン委員長はこのように語りました。

ご感想

他の情報