ハロン湾管理・保護に関する国際シンポジウム

(VOVWORLD) -  世界遺産のハロン湾の持続可能な管理・発展は重要な任務とみられています。
ハロン湾管理・保護に関する国際シンポジウム - ảnh 1  シンポジウムの様子=TTXVN

18日、東北部クアンニン省ハロン市で、世界遺産のハロン湾の管理・保護に関する国際シンポジウムが行われ、国内外の60人の専門家が参加しました。

席上、参加者らは、「ハロン湾の周辺区域は縮小されており、環境汚染などの問題に直面している」と指摘した上で、「周辺区域の境界を確定する必要がある」と訴えました。国家文化遺産評議会のチュオン・クオク・ビン博士は次のような見方を述べています。

(テープ)

「その協会の確定は差し迫った問題となっています。これは、区画整理に役立ちます。UNESCOなどの国際機関もそれを勧めています。クアンニン省はこの問題に関する諮問機関を設立する必要があります。」

一方、参加者らは、ハロン湾の周辺区域を拡大させることを提案しています。これに関し、グエン・チュ・ホイ博士は次のように語りました。

(テープ)

「ハロン湾の周辺地域をカットバ島や、バイトゥロン湾の南まで拡大させることを提案します。これは世界遺産の中心部の価値に影響を与えません。逆に、世界遺産の持続可能な管理・発展に役立ちます。」

ご感想

他の情報