ハンガリー、ロシアとエネルギー協力強化 EU制裁けん制

【モスクワ=古川英治】ハンガリーのオルバン首相は18日、モスクワでロシアのプーチン大統領と会談しました。

原子力発電所の建設を巡る協力を確認し、2020年までのロシアからの天然ガス輸入で合意しました。欧州議会は強権を振るうオルバン政権に対して制裁を科すよう欧州理事会に求める決議を採択しており、ロシアへの接近姿勢を見せることで欧州連合(EU)をけん制しました。

オルバン氏は会談後の記者会見で、金融協力やロシアとトルコを結ぶ天然ガス輸送網「トルコストリーム」をハンガリーまで延長することを提案したと述べました。ロシアと欧米が対立するウクライナやシリアの問題も協議したといいます。プーチン氏は会見で「ハンガリーはロシアの主要パートナーの一つだ」と発言しました。

ご感想

他の情報