バンコクの爆弾テロ 「重要な容疑者」逮捕


バンコクの爆弾テロ 「重要な容疑者」逮捕 - ảnh 1
(写真:Bangkok Post)

 
(NHK) タイの首都バンコクでは先月17日、大勢の外国人が集まる繁華街の観光名所で爆発が起き、20人が死亡、日本人1人を含む120人以上がけがをしたほか、翌日にも別の場所で爆発が起きました。警察は、これまでに事件に関わったとして外国人の男1人を逮捕しています。

この事件について、タイのプラユット暫定首相は1日、記者団に爆弾テロ事件に関わった疑いで新たに外国人の男1人を逮捕したと明らかにし、「重要な容疑者だ。この男がいれば事件の全容が分かるだろう」と述べました。

タイの警察は日本時間の午後7時すぎに会見を開き、この男が1日昼前、タイからカンボジアへ不法に出国しようとしていたところを国境の付近で逮捕したと発表しました。警察の報道官は「男は最初の事件現場の監視カメラに映っていた黄色いシャツを着た男に顔や体型がよく似ていた」と述べ、バンコクにある軍の施設に身柄を移して事件との関わりについて詳しく調べていることを明らかにしました。

ご感想

他の情報