ビンズオン省、国際科学技術都市連合の会議を主催

(VOVWORLD) - 近年、南部ビンズオン省は国際協力強化に力を入れています。
ビンズオン省、国際科学技術都市連合の会議を主催 - ảnh 1                     (写真:TTXVN)

4日午後、南部ビンズオン省で、韓国のテジョン市のイ・テク副市長率いる代表団は、同省人民委員会の代表と会合を行い、今月10日から12日まで省内で行われる予定のWTA=国際科学技術都市連合の会議の開催について意見交換をしました。

席上、イ副市長は、「教育協力のほか、今後、テジョン市とビンズオン省は、医療や、科学技術、医療技術移転、病気治療などの分野でも連携を強化する必要がある」と訴えました。

一方、ビンズオン省人民委員会のズオン・マイ・フン・ズン副委員長は、「これまで、テジョン市とビンズオン省は、教育や、文化・社会などの分野で複数の協力を行ってきた。また、多くの韓国企業は省内に投資している」と明らかにしました。

これとは別に、同日、日本の愛知県の代表団は、ビンズオン省人民委員会の幹部と会合を行いました。席上、ビンズオン省側は、愛知県企業に対し、都市開発や、サービス業などの分野での投資を強化していくよう提案しました。

ご感想

他の情報