ビン副首相、ダクラク省の太陽光発電所の落成式に参加

(VOVWORLD) - 9日午前、中部高原地帯テイグエン地方のダクラク省を訪問中のチュオン・ホア・ビン副首相はブオンドン県、エアウエ村で、セレペク1号とクアンミン太陽光発電所の落成式に参加し、テープカットを行ないました。

この発電所は面積120ヘクタールの用地に建設され、出力は100MWP、投資総額は2兆2千億ベトナムドンで、ベトナムで最大級の太陽光発電所となっています。

同発電所は2018年10月19日、起工され、今年1月31日に試運転が開始されました。

これに先立ち、ビン副首相はブオンドン県に住む老革命家の元を訪れ、贈り物を手渡しました。

ご感想

他の情報