ビン将軍、越中国境地域の友好国防交流会を評価


既にお伝えしましたように、28日から31日にかけて、北部ランソン省で、第3回ベトナム・中国国境地域の友好国防交流会が行われています。

これに関し、国防次官のグエン・チー・ビン将軍は当放送局のインタビューに答えた際、「これは、ベトナムと中国との国防協力活動において特別に重要な意義がある」と強調しました。

ビン将軍は、「国防協力は、両国の全面的戦略的パートナーシップの重要な一部で、信頼醸成や、他の分野での協力強化に寄与するものである」とし、次のように語りました。

(テープ)

「国境地域の友好国防交流会は、両国の国防協力活動の重要な一部です。双方は、率直に意見交換します。これは、国境地帯での安全保障や、国民交流、経済社会発展事業に寄与します。」

このように語ったビン将軍はこれまで行われてきたベトナム・中国国境地域の友好国防交流会の成果に触れ、「これは両国国民の安心感、信頼感の向上にも役立つ」との見方を示し、次のように語りました。

(テープ)

「国防協力は形式的なものですが、形がなければ、持続的ものとはなりません。そして、政治的信頼も生まれません。そのため、ベトナムと中国は実質的な協力を進める必要があります。こうした中、国境地域の友好国防交流を実質的な活動と見られます。交流を通じて、新しいものを発見していきます。」

なお、今年のベトナム・中国国境地域の友好国防交流会には、両国の国防相や、国防次官なども参加しました。

 

ご感想

他の情報