ビン駐米大使、アジア太平洋の安全保障に関する座談会に参加

(VOVWORLD) - 先ごろ、ワシントンにあるシンクタンクであるASPI=アジア社会政策研究所はアジア太平洋の安全保障に関する座談会を行い、ベトナムのファム・クアン・ビンアメリカ大使らも参加しました。
ビン駐米大使、アジア太平洋の安全保障に関する座談会に参加 - ảnh 1        (写真:外務省)

席上発言にたったビン大使は平和・安定・発展・繁栄へ向けての地域内諸国間の信頼醸成や、協力強化の重要性を強調しました。

ビン大使によりますと、アジア太平洋地域の安全保障問題や、行動規範づくりは地域内の多様性と国際法に合致するものでなければなりません。また、既存の体制を強化していく必要があると訴えました。

ビン大使は、ASEAN憲章や、EAS=東アジアサミットの創立に関する2005年のクアラルンプール宣言、2010年のハノイ宣言、EAS創立5周年と10周年を記念することに関する2015年のクアラルンプール宣言、EASを含むASEANの体制強化に関するバリ宣言を含むEASの宣言の重要性も強調しました。

その上で、「地域内の中核的な役割を果たしているASEANは団結や、共同体作り、平和・発展・協力強化に対する自らの役割を高める必要がある」と訴えました。

ご感想

他の情報