ファット農相、東アジア会議に参加


19日、農業農村開発相のカオ・ドゥク・ファット大臣は、世界各国の政財界の有力者らが集いアジア地域の課題などを話し合う世界経済フォーラムの東アジア会議の開幕式に参加しました。


ファット農相、東アジア会議に参加 - ảnh 1
ファット大臣がフォーラムに参加(写真:K.L)

席上、ファット大臣は、ベトナムが2010年から展開してきた「新しいビジョンの農業」というイニシアチブの実施状況を紹介し、これによりますと、これまで、1万人以上の農家がこのプログラムに参加し、新技術を農業生産に適用してきたということです。

また、これにより、ベトナムの農産物の輸出が促進されているとしています。同日、ファット大臣は、農業の持続可能な発展へ向けてのPPP=官民連携方式の導入に関する討論会を主催しました。

この席で、ファット大臣はベトナムがPPPを農業生産に導入してからこの5年間の状況を紹介し、参加者らの特別な関心を集めました。

 

ご感想

他の情報