フィリピンで、ASEAN拡大外相会議

(VOVWORLD) -6日、フィリピンでASEAN加盟諸国と相手10カ国との拡大外相会議が行われました。
フィリピンで、ASEAN拡大外相会議 - ảnh 1

6日、フィリピンでASEAN加盟諸国と相手10カ国との拡大外相会議が行われました。会議で、ASEAN加盟諸国と相手10カ国の外相は年間の活動を総括し、今後の行動計画を採択しました。その中で、経済、貿易、投資、発展格差の是正、気候変動、自然災害の管理、草の根外交、教育などの分野における協力が重視されました。

地域と国際情勢に関して、外相らは朝鮮半島情勢、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海情勢、テロ、サイバーセキュリティーなどについて意見交換を行なった他、共に関心を持っている問題の解決のため、緊密に協力する必要性を強調しました。

外相らはベトナム東部海域の平和、安定の維持、安全保障、航行の自由の確保は共通の利益であることを確認した上で、1982年の国連海洋法条約を始め、国際法を基礎に、紛争を平和的に解決することやDOC=海上行動宣言の続行の重要性を強調すると共に、ASEANと中国がベトナム東部海域(南シナ海)での紛争を防ぐための「行動規範」の枠組みを正式に承認することを歓迎しました。

ファム・ビン・ミン副首相兼外相が率いるベトナム代表団は会議に取り上げられた議題に関する意見交換に積極的に参加しました。ミン副首相兼外相はASEAN加盟諸国の連携、発展格差の是正、国境を越えた犯罪、航海の安全保障、自然災害管理、疫病予防などASEANの優先課題の解決を目指す具体的な提案を出しました。

また、ベトナム東部海域に発生している複雑な情勢に懸念を表明した上で、世界各国に対し、ASEANへの支持を示した上で、地域の平和、安定の維持に貢献するよう希望を表明しました。


ご感想

他の情報