フィリピンのマスメディア ベトナム工業を評価

(VOVWORLD) - この20年、ベトナムは農業国から東南アジア地域の大きな生産拠点へと急速に発展しています。
フィリピンのマスメディア ベトナム工業を評価 - ảnh 1

先ごろ、フィリピンの英字日刊紙の電子版「Inquirer.net」は「東南アジアの新たな工業大国」と題する記事を掲載し、その中で、不動産サービス事業を総合的に行うアメリカ企業「JLL=ジョーンズ・ラング・ラサール社」の報告を引用し、「この20年、ベトナムは農業国から東南アジア地域の大きな生産拠点へと急速に発展している」と伝えています。

また、「ベトナムは、労働集約型工業から資本集約型工業へとシフトしており、グローバルバリューチェーンへの参加を進めている」としています。そして、この記事は エコノミストらの話を引用し、「ベトナムは、高速道路や港湾など交通インフラ整備を精力的に進めていることから、ロジスティックスがベトナムの強みになるであろう」と報じています。

関連ユース

ご感想

他の情報