フィリピン中間選挙 上院でドゥテルテ派が圧勝

(VOVWORLD) -13日に投票が行われたフィリピンの中間選挙は開票が進み、注目の上院選挙ではほとんどの議席を政権与党やドゥテルテ大統領を支持する候補が占める見込みで、ドゥテルテ大統領の今後の政権運営に強い追い風となりました。
フィリピン中間選挙 上院でドゥテルテ派が圧勝 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)
フィリピンの中間選挙は、大統領の6年間の任期の折り返しに、上院の半数と下院のすべての議席のほか、知事や市長などすべての地方自治体のポストを改選するもので、13日、全国一斉に投票が行われました。

フィリピンの選挙管理委員会が発表した開票率95%の時点での集計によりますと、政権運営に大きく影響する上院選挙では改選の12議席のうち11議席を政権与党やドゥテルテ大統領を支持する候補が占める見込みです。

中間選挙はこれまでの政権運営への評価とされ、ドゥテルテ大統領は選挙期間中、犯罪を厳しく取り締まってきたことによる治安の回復をアピールしてきました。

一方で、領有権を争う南シナ海の問題を棚上げする姿勢を示していたことに野党などから批判が高まり、ドゥテルテ大統領は「中国は南シナ海の島から手を引かなくてはならない」などと発言し、強硬な姿勢も示すようになっています。

今回の選挙でドゥテルテ大統領を支持する勢力が圧勝したことで、中国に対する強硬な姿勢が維持されるのか、それとも再び融和姿勢を示すようになるのか、注目されています。

ご感想

他の情報