フィリピン南部で地震 “津波のおそれなし”

(NHK) フィリピン南部のミンダナオ島沖で日本時間の29日午後、マグニチュード7.0の地震があり、ハワイにある太平洋津波警報センターは一時、震源に近いフィリピンなどの沿岸で津波のおそれがあるとして注意を呼びかけましたが、その後、解除しました。
フィリピン南部で地震 “津波のおそれなし” - ảnh 1          (写真: Stuff)

USGS=アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の29日午後0時39分ごろ、フィリピン南部のミンダナオ島沖で、地震の規模を示すマグニチュードが7.0の地震がありました。

震源は、ミンダナオ島の最大都市ダバオから南東におよそ180キロの沖合で、震源の深さは60キロと推定されています。

地質調査所は、地震のマグニチュードについて当初、7.2などと発表しましたが、その後、7.0に修正しました。

ハワイにある太平洋津波警報センターは一時、震源に近いフィリピンとインドネシアそれにパラオの沿岸で、最大で30センチの津波のおそれがあるとして注意を呼びかけましたが、その後、津波は観測されず、津波のおそれはなくなったとして呼びかけを解除しました。

一方、フィリピンの防災当局やダバオの警察によりますと、これまでのところ、この地震によるけが人や建物への被害などの情報は入っていないということです。

ご感想

他の情報