フエ市で、ASEANと日・中・韓農林大臣会合

(VOVWORLD) -7日午前、中部トゥアティエンフエ省の省都フエ市で、AMAF+3=ASEANと日本、中国、韓国との農林大臣会合が開かれました。

ASEAN 加盟10カ国、日本、中国、韓国の戦略的相手国、ASEAN 事務副局長、国際諸組織の代表150人が参加しました。

会合では食品・農業・林業に関するASEAN+3の政策の枠組み、食糧安全保障と森林の持続可能な管理に関するASEAN+3の協力活動、気候変動への対応と適合、栽培作物と畜産における疫病の管理など農業分野におけるいくつかの優先課題を討議、採択しました。農業農村開発省所属国際協力局のグェン・アイン・トアン( Nguyen Anh Tuan) 局長は次のように語りました。

(テープ)

「この会合では食糧安全保障、栄養安全保障、気候変動の影響を受けた農民への支援などに関する政策を討議します。その他、ASEANと日本、中国、韓国との貿易体制の強化を目指す政策も取り上げられます。また、技術移転、各国間の情報交換の強化策も討議されます」

ご感想

他の情報