フク副首相、各宗教の聖職者の代表と会合

フク副首相、各宗教の聖職者の代表と会合 - ảnh 1
 
1日午後、ハノイで、グェン・スアン・フク副首相は8月革命と9月2日のベトナム独立70周年を記念する集会に出席するため、ハノイを訪問中の各宗教の聖職者の代表と会合を行いました。

会見で、フク副首相は「1945年、ベトナム民主共和国を樹立した直後、ホーチミン主席は6つの差し迫った任務を打ち出し、その中で、信仰自由の確保という任務があった。ベトナム共産党と政府はその精神を基礎に、信仰の自由を常に尊重していると共に、各宗教が法律の枠内で事業活動を行うため有利な条件を作り出している」と明らかにしました。

また、フク副首相は「祖国建設防衛事業は信仰の有無を問わず、ベトナム国民全体の任務である。今後も、各宗教の信者が美意識を生かして、困難を乗り越え、国の建設防衛事業に全力を尽くすよう」希望を表明しました。

ご感想

他の情報