フック首相、カトビ国際空港の落成式に列席

フック首相、カトビ国際空港の落成式に列席 - ảnh 1


12日午前、北部港湾都市ハイフオンで、カトビ国際空港の落成式が行なわれ、グエン・スアン・フック首相らが列席しました。

席上、フック首相は「カトビ国際空港はハイフオンだけでなく、北部沿海各省や、ホン川デルタ各省にとっても重要な役割を果たす」と述べるとともに、「この空港を効果的に活用する必要がある」と強調し、次のように語りました。

(テープ)

「空港を効果的に活用するため、サービス、観光、投資、特に、インフラを開発するよう求めます。また、交通運輸省や、航空総公社、関係各機関に対し、航空安全保障の確保や、この空港のメンテナンスに力を入れるよう要請します。さらに、カトビ国際空港をはじめ、ベトナムの各国際空港の活用に向けて、各航空会社は航空便の増便に取り組む必要があります。」

なお、2012年、政府は2015年までのカトビ国際空港総合開発計画の調整案と2025年までのビジョンを承認しました。

 

ご感想

他の情報