フック首相、バンドン国際空港の開業式に出席

(VOVWORLD) -これらのプロジェクトはいずれも観光不動産開発のサングループ(Sungroup)とクアンニン省がPPP=官民パートナーシップ方式によって実施されたものです。
フック首相、バンドン国際空港の開業式に出席 - ảnh 1       (写真:TTXVN)

30日午前、グェン・スアン・フック首相は東北部クアンニン省にあるバンドン国際空港、ハロン国際港の開業式、及び、ハロン・バンドン高速道路の開通式に出席しました。

これらのプロジェクトはいずれも観光不動産開発のサングループ(Sungroup)とクアンニン省がPPP=官民パートナーシップ方式によって実施されたものです。その中で、バンドン国際空港の投資総額は7兆5000億ベトナムドン(約360億円)で、地方予算を使用した初めての空港となりました。

また、ハロン国際港は積載量22万5000GTクラスの船舶2隻の入港も可能です。同港は投資総額1兆ベトナムドン(約49億円)余りです。

そして、ハロン~バンドン高速道路は投資総額11兆8570億ドン(約5兆9千億円)で、4車線があります。この道路の開通により、ハロン市からバンドン地区に移動する所要時間が90分から50分に短縮されるようになります。

式典で、フック首相はクアンニン省が年末にこの3件の重要なプロジェクトを完成したことを高く評価し、次のように語りました。

(テープ)

「クアンニン省はPPP=官民パートナーシップ方式によって、国際空港を含め、大規模な建設工事を成功裏に実施しました。クアンニン省は投資の社会化に関する党と政府の主張を効果的に展開しました。本日、多くの地方の指導者もこの式典に出席し、クアンニン省のモデルを研究していることを高く評価しています」

この機に、フック首相は各地方のインフラ整備に投資しているサングループの貢献をたたえました。


ご感想

他の情報