フック首相、政府の6月の月例会議を主宰

(VOVWORLD) - 会議では経済社会発展任務に関する政府決議1号、投資経営環境の改善に関する決議、企業の発展に関する決議、電子政府づくりの実施状況が評価されました。

4日午前、政府本部でグエン・スアン・フック首相の主宰の下、政府の6月の月例会議が行なわれました。

会議では経済社会発展任務に関する政府決議1号、投資経営環境の改善に関する決議、企業の発展に関する決議、電子政府づくりの実施状況が評価されました。

席上、フック首相は今年上半期、国際情勢が複雑に推移し、ベトナムに大きな影響を与えている中で、全政治システム、各省庁、レベル、企業界、全国民は困難と試練を乗り越え、貿易・投資、文化、社会、環境、国防・安全保障分野で成果を収めてきたと明らかにしました。

また、年初からの際立った外交分野での出来事についてフック首相はベトナムとEU=欧州連合がFTA=自由貿易協定とIPA=投資保護協定を署名したこと、ベトナムが高い得票率で国連安全保障理事会非常任理事国に選出されたこと、第2回米朝首脳会談を周到に準備したこと、国連ウェーサーカ祭2019を順調に開催したことなどを振り返りました。

さらにこの半年にわたる政府の運営に関し、政府は成長シナリオの作成を指導するとともに、生産経営の推進を目指し、困難の解決に力を入れ、メコンデルタ地域や重点的経済地域の持続可能な発展、民間経済セクターの発展、投資経営環境の改善を推進するため、断固たる措置の実施を手解きしてきたとしています。

ご感想

他の情報