フック首相、習党総書記兼国家主席と会見

(VOVWORLD) - 25日、グエン・スアン・フック首相は、「一帯一路」国際協力サミットフォーラムへの出席を機に、中国の習近平党総書記兼国家主席と会見しました。
フック首相、習党総書記兼国家主席と会見 - ảnh 1       (写真:VGP/ Quang Hieu)

席上、フック首相はこれまでの両国の党、国家の関係の前向きな発展を高く評価するとともに、「独立、自主、平和、協力・発展の外交路線を堅持し、中国との戦略的かつ全面的なパートナー関係の安定的かつ健全で、着実でか

つ長期的な発展を重視する」と強調しました。

また、「一帯一路」構想を歓迎し、平等で互恵かつ相互尊重を基礎に、国際法に合致する協力を確保し、各国の繁栄と発展に貢献する必要があるとしています。

フック首相は双方に対し、高級レベルの代表団の相互訪問や各省庁、部門、レベルの交流を推進し、外交、国防・安全保障などの分野での実質的な協力を強化して、草の根外交と若者の交流を拡大するとともに、両国の国交樹立70周年記念活動を順調に行うよう要請しました。

また、双方はメコン川の水資源の持続可能な管理と使用で協力し、漁獲管理に関するホットラインの設置に関する合意書の期間を延長する一方、原子力発電の安全保障を共同で監視し、「ベトナム・中国陸上国境線確定議定書」、「ベトナム・中国陸上国境線管理制度に関する協定」、「ベトナム・中国陸上国境線検問所および検問所管理制度に関する協定」の3つの文書の実施で連携を続ける必要があるとしています。

海上問題に関し、フック首相は両国の党と国家の指導者が達成した共通認識や、「海上問題解決に関する基本的原則」を遵守し、国際法に従って、平和的措置で海上問題を解決すると同時に、2020年をめどに、バクボ湾(トンキン湾)の外側海域の確定を進め、DOC=海上行動宣言を完全履行し、COC=海上行動規範の早期作成に取り組むよう求めました。

一方、習党総書記兼国家主席はグエン・フ・-チョン党書記長・国家主席に見舞いの言葉を伝えるとともに、「一帯一路」国際協力サミットフォーラムへのフック首相一行の参加を歓迎し、「これは両国関係に対するベトナムの党と国家の重要視を示し、同フォーラムの成功に貢献する」と強調しました。

また、習氏は「中国の党、国家はベトナムとの関係を重視し、ベトナムとの高級訪問団の交換や政治的信頼の強化、草の根外交の拡大、友好関係の発展、対立の抑制、両国の戦略的かつ全面的なパートナー関係の健全で持続可能な発展に力を尽くす」と表明しました。

さらに、ベトナムのASEAN2020議長国への就任や多国間協力体制における役割の発揮を支持するとしています。

ご感想

他の情報