フック首相、韓国サムスン無線事業部長と会見

(VOVWORLD) -20日午後、政府本部で、グェン・スアン・フック首相はベトナムを訪問中の韓国のサムスン電子の高東真(コ・ドンジン)無線事業部長と会見しました。
フック首相、韓国サムスン無線事業部長と会見 - ảnh 1     フック首相(右)と高東真部長

席上、フック首相は「ベトナム政府は、この数年間、韓国の投資家、特にサムスン社がベトナムにおける最大投資家としての位置を維持したことを高く評価している。ベトナムにおけるサムスン社の協力、投資、生産経営はベトナム・韓国の友好関係と戦略的パートナーシップのシンボルの一つである。」と明らかにしました。また、フック首相は、サムスン社に対し、電子製品の組立分野だけでなく、引き続き、第4次産業革命の要求に応えられるための次世代技術製品の研究、製造を要請しました。

一方、高東真部長は、北部バクニン省にあるサムスン電子ベトナム社設立10周年記念式典が成功裏に開催されたことを通知した他、フック首相と関連各機関が同社の投資経営活動に有利な条件を作り出してくれたことに感謝しました。

ご感想

他の情報