フック首相 ベトナム人に就労ビザを再開したチェコを歓迎

(VOVWORLD) - 12日午前、政府本部で、グエン・スアン・フック首相は、ベトナムを訪問中のチェコ下院副議長を務めるチェコ・モラビア共産党のヴォイチェフ・フィリプ党首と会見しました。
フック首相 ベトナム人に就労ビザを再開したチェコを歓迎 - ảnh 1

会見で、フィリプ氏は、両国の貿易・投資関係を強化したいとの考えを示し、ハノイとプラハを結ぶ直行便を早期に開設するために、ベトナム側と協力する用意があると述べました。また、自動車産業においてもベトナムとの協力をしたいと述べ、チェコ企業がベトナムで自動車工場の建設を計画していると明らかにしました。そして、フィリプ氏は、ベトナムの国連安全保障理事会非常任理事国入りを完全に支持していると強調しました。

一方、フック首相は、チェコ政府がベトナム人に就労ビザを再開したことを歓迎し、両国の経済関係をさらに深化させる決意を表明しました。また、チェコ企業がベトナムの自動車産業に進出しようとしていることを歓迎し、ベトナムはチェコ企業に便宜を図ると明らかにしました。また、チェコ企業に対し、エネルギー、インフラ整備、環境保護、食品安全衛生などへの投資を強化するよう呼びかけました。

さらに、フック首相はチェコ政府に対し、ベトナムとEU欧州連合との自由貿易協定及び投資保護協定の早期締結・批准を働きかけるよう訴えました。

ご感想

他の情報