フック首相、ASEAN創設50周年を記念する式典を主宰

(VOVWORLD) -8日午後、ハノイで、グエン・スアン・フック首相夫妻はASEAN=東南アジア諸国連合創設50周年、及びベトナムのASEAN加盟22周年を記念する式典を主宰しました。
フック首相、ASEAN創設50周年を記念する式典を主宰 - ảnh 1 写真提供:VU Dung

式典にはベトナムの指導者、元指導者をはじめ、ベネズエラ、フィリピンの大使らが参加しました。席上、フック首相はこの半世紀にわたり収めてきたASEANの成果を振り替えるとともに、「現在、ASEANは強固な共同体となり、あらゆる分野で広範な連携を推進し、地域の平和、安定、協力、発展に貢献したうえで、国際社会における役割と地位が高まっている」と強調しました。フック首相は次のように語っています。

(テープ) 

「ベトナムは常にASEANを戦略的優先対象と見なしています。私たちは加盟諸国と緊密に協力し、ASEANの団結、安定に尽力していくと確約します。また、ASEAN2025年までのビジョンをはじめ、各総合発展計画を成功裏に実施する決意です。」

この機に、フック首相はベトナムをはじめ、ASEAN加盟諸国に対するパートナーや対話国、国際組織の支援に感謝の言葉を述べました。

ご感想

他の情報